フィラリア予防薬グローバル情報館

フィラリア予防薬を安く手に入れたい!その方法は?

愛犬がかかり恐ろしい病気の代表格としてフィラリアがあります。フィラリアは蚊を媒介とした犬特有の病気で、感染してしまうと死に直結するものであるため、飼い主の責任として絶対回避してあげなくてはなりません。フィラリア予防薬にはワクチンタイプ(1年1回接種)と蚊の発生する時期(通常日本では5月~10月)に月に1回のペースで与える飲み薬タイプがあります。いずれも効果に差はほとんどありませんが、購入場所によって大きな差が出る場合があります。今回は安くフィラリア薬を手に入れる方法をお教えします。

ワクチンタイプと飲み薬タイプはどちらが安い?

ワクチンタイプのメリットは飲ませ忘れがなく年に1回の接種で効果が持続することです。しかし接種を受けるためには動物病院での診察・獣医師による接種が必須ですので、ワクチン代の他に診察費用がかかります。飲み薬タイプは体重に変化がなければ、動物病院で診察不要で購入できるので、トータル的な価格としてはワクチンタイプのほうが飲み薬タイプよりも1.5倍~2.5倍の費用がかかると考えるとよいでしょう。

飲み薬タイプを格安で購入するには?

飲み薬タイプなら動物病院でも比較的安価で購入できると先に話しましたが、もっと安く購入したい方はインターネット通販経由での購入がおススメ。”フィラリア・薬”で検索すると多くのフィラリア予防薬がヒットします。ネットでは1箱よりも2箱・3箱とまとめ買いするほうがお得になるケースが多いのでおススメですが、その際注意したいのが、使用期限と愛犬の体質に合うかどうかです。そのため最初の1年目はお試しでワンシーズン分購入し、それで愛犬の体調に問題なさそうでしたら、翌年から使用期限を確認しながらまとめ買いすることです。

格安で手に入れる方法

フィラリア予防薬はネット通販で購入が一番安いというのが結果論ですが、獣医師の診断なしでの購入となるため、すべて飼い主の自己責任になることも留意してください。犬を飼うのに慣れない方は最初の1.2年は動物病院経由で、その後慣れてきたらインターネット通販の活用がおススメです。

フィラリア薬はどれがいいのでしょうか?

大切な愛犬の健康的な生活のため、更には愛犬の命を守るためにも、毎シーズンのフィラリア予防はとても大切なものです。近頃では動物医療の技術発展によって、フィラリア予防にも様々なスタイル選択できるようになってきました。今回は様々なフィラリア薬のメリット・デメリットをお話したいと思います。

主流のチュアブルタイプ・錠剤タイプ

一般的なフィラリア薬として広く知られているのが、チュアブルタイプや錠剤タイプのものです。日本国内でフィラリア感染が危惧される4月から12月(地域により異なる)の間のおよそ半年間、毎月1回のペースで薬をおやつ代わり、あるいは食事に混ぜて与えるタイプの薬です。チュアブルタイプは特に愛犬が喜ぶ嗜好性の強い味になっているので、食いつきがよいものが多いのですが、愛犬が服用を嫌がったり、残してしまったりしないよう毎回注意が必要。また月に1回のタイミングに服用させるのを忘れないよう気を付けなければなりません。

スポットタイプ・注射タイプ

チュアブル・錠剤タイプでフィラリア薬を服用するのが苦手な愛犬におススメなのがスポットタイプです。こちらは首筋に薬を垂らすもので、使用頻度は月に1回半年間とチュアブル・錠剤タイプと同じなのですが、チュアブル・錠剤タイプと比べると価格が2倍以上かかるので割高といったデメリットもあります。年に1回の接種で価格もチュアブル・錠剤タイプとほとんど変わらないのが注射タイプです。注射タイプは年に1度で済みますし、服用忘れもありませんので魅力的に感じる方も多いかと思いますが、その分心配なのは副作用。愛犬の体質によっては辛い副作用に悩まされることもあるので、獣医師による細やかな診察の上での相談が必要です。

フィラリア薬のまとめ

このように様々なフィラリア薬があります。いずれもメリットと共に注意すべき点やデメリットがありますので、愛犬の体質や性格などのタイプをよく見据え、場合によっては専門家である獣医師の相談やフォローを受けながら、愛犬にベストな方法を決めていくとよいでしょう。

犬の薬格安通販サイト|わんこのくすりやさん

サイトマップ

新着情報

◆2017/11/02
フィラリア薬はどこで買うべきかの情報を更新しました。
◆2017/11/01
フィラリア予防薬を安く手に入れたい!その方法は?の情報を更新しました。
◆2016/12/26
フィラリア薬を与えた反動で餌を食べなくなったを新規投稿しました。
◆2016/12/22
フィラリア薬を飲ませてないけど大丈夫?を新規投稿しました。
◆2016/12/08
フィラリアの薬は不要という意見もありますが予防は必要なのでしょうか?を新規投稿しました。