フィラリア予防薬グローバル情報館

フィラリア薬を与えた反動で餌を食べなくなった

フィラリアの時期になるとペットはナーバスになり精神的にも身体的にも弱ってしまう傾向があり犬を飼われている飼い主さんにとっても大変な時期になります。そこでフィラリア薬を与えて餌を食べない時の対処方を書きます。

どうしてフィラリア薬で食欲がなくなるのか

フィラリア薬を与えた経験のある方ならばわかると思いますが薬を与えてから食欲がなくなります。それはフィラリア薬に入っている成分が食欲を失わせてしまいます。犬は嗅覚や味覚などが優れているため、薬を体の中に取り入れることで餌とは違い刺激があるものが嫌だと認識するために一時的に食欲がなくなります。副作用も多少関係性はあると思いますが、動物はとくに薬が大嫌いでナーバスになってしまうので餌も食べようという気力も失わせてしまいます。

食欲を取り戻す術とは

フィラリア薬で餌を食べない時はいくつか原因がありますが対処法としてフィラリア薬の種類を変えてみるということです。フィラリア薬には何種類かありだいたいが薬の味がするのがほとんどです。しかし最近ではフィラリア薬の中にもお肉の味を混ぜたのがあります。なぜフィラリア薬に味をつけるのかというと動物は薬に敏感なのでフィラリア薬を与えたとしても飼い主が見てない所で吐き出すこともあり中々薬を体内に入れてくれません。薬の味がするだけで食欲も減り精神的にもダメージを受けてしまうので肉の味がするフィラリア薬を与えれば食欲は落ちないですし、ペットもナーバスになることはありません。動物病院でも肉の味がするフィラリア薬なども販売しているので医師に相談して処方してもらうのも良いと思います。また最近では通販でも色々な味がするフィラリア薬が売ってあるので安く購入するには良いかと思います。

フィラリア薬による食欲がないのは一時的

やはりフィラリアの時期になるとペットもぐったりとしている時期でそれに薬の影響もあり一時的に食欲がなくなります。しかし、これはしょうがない事ですので薬の種類を変えてみるか、動物病院に相談をしてみて様子を見てあげることが大切なことです。

フィラリア予防薬グローバル情報館TOPへ